メインイメージ画像

面接でどうアピールすべきか

普段から転職は事務、と思って色々調べていましたが、ついに面接に受かりました。入ったばかりなので転職先では先輩社員の仕事のサポートとして色々と覚えています。綺麗なオフィスで座って働くことができ、大変ありがたいです。さらに上司の方がしっかり指導してくれますし、わからない点も気軽に質問できるのですごく気が楽です。そのかわり命じられた仕事は素早くしっかりと成し遂げなければいけません。

パソコンを利用して作業するため、パソコンが嫌いだと慣れるまで日数がかかるかもしれないです。私は機械が好きだったので早々に慣れたと思います。それに、エクセルでの資料の作成方法など学校でも使えるスキルを勉強することができるので、事務への転職はおすすめだと思います。

何年かぶりに手にした履歴書、当たり前ながら新卒採用の時にくらべ書き込む内容が多くなりました。職歴には前職の会社が、働いている間に取得した資格の項目も数行増え、自分の今までのキャリアを文字にすることで改めてひしひしと感じました。

そういう書き込みやすい部分はすぐさま書き終わったのですが、その他の項目を記入するのに悩まされました。ですので、さしあたり履歴書は一旦横に置いて、自分自身を分析することから始めたのです。自分はどんな事が出来て、どうなりたいのか、何が長所で短所なのか、今までのキャリアをこれから応募する企業でどうやって活かすのか。そうして分析をしていたら、自然と履歴書の項目は私の言葉で埋まっていました。履歴書を作る工程で行ったこの自己分析は、面接の時にも非常に活かせましたので、転職を考えている方にはお勧めできる方法です。

更新情報